目尻を横に軽く引っ張るだけでクマの種類を判別することが出来ます。

目の下のクマ

目の下のクマに悩む女性

目の下にクマがあるとどうしても老けて見られたり、疲れて見られたりしますよね。
一般的にクマは寝不足であったり、泣きすぎた時にできたりするものでは・・・と思いがちですが、実はそれ以外にもクマができる要因はたくさんあります。

 

実際クマがある人の中で睡眠不足であったり、泣きすぎてクマができた、という人は少ないのではないでしょうか?クマには種類があり、それぞれクマができる原因、クマに対する対処法が異なるものなのです。

 

クマにあわせた対処法を行わなければ、クマの状態が悪化する事も考えられます。
そこでここではクマが出来る原因とそれぞれの原因にあわせた対処法をご紹介していきます。

 

クマの種類を知ろう

クマには大きく3つの種類があります。まずは自分のクマがどのタイプなのかをきちんと理解する事が大切です。
クマの種類を見極める方法は目尻を横に軽く引っ張るだけ、という極めて簡単なので、ぜひ試してみてください。

 

それでもわからなければファンデーションを塗ったときにクマが消えるかどうかを試してみましょう。
目尻を横に軽く引っ張った結果、クマの色が薄くなったら「青クマ」か「黒クマ」、クマの色が変わらなかったら「茶クマ」です。

 

青クマか黒クマかの見極めはファンデーションで隠せるかどうか、になります。ファンデーションを塗って隠せれば「青クマ」、隠せなければ「黒クマ」です。なお、茶クマはファンデーションで隠れます。

 

青クマの場合

青クマが出来る原因は「目の周りの血行不良」です。寝不足、PCやスマホなどの使いすぎ、目の周りの冷え、などが考えられます。

 

そのため、青クマの対処法は「目を温める事」です。目元を温めるアイマスクを使ったり、塗らしたタオルを1分レンジで温めたホットタオルなどを使って目元を温めてみましょう。また、目元をマッサージして血行を浴するのも効果的です。
体自体の血行がよくないことも考えられるので、運動や食事などに気を配り日頃から体を冷やさないように心掛けましょう。

 

茶クマの場合

茶クマは日焼けのように「メラミン色素による色素沈着やシミ」が原因です。
なぜ色素沈着やシミになってしまったかと言うと、日焼けによるもの以外にも目元の擦りすぎなどが考えられます。
目元の皮膚はデリケートなので、摩擦する事で色素沈着を起こしやすいのです。
対策法としては目元をこすらない、美白化粧品を使用する、保湿を心掛ける、などがあります。

 

 

黒クマの場合

黒クマの原因は「目元の皮膚のたるみ」です。そのためどちらかというと年齢を重ねた方に多いクマになります。
対策法としてはアンチエイジング化粧品を使用したり、目元のハリを取り戻す為に目元のトレーニングなどを行うとよいでしょう。すぐに効果は出ませんが、少しずつクマを薄くする事ができます。

 

TOPへ