自分の目の大きさや目の状態にあったカラコンを選ぶようにしましょう。

カラコンのデカ目効果

今ではファッションの1つとしてさまざまなカラコンが出ています。そのなかでも目を大きくする「デカ目」カラコンは人気が高いです。

 

しかし、カラコンは自分に合ったものを選ばなければ瞳だけ浮いて見えてしまうなどその効果をきちんと発揮することができません。
そこでここではカラコンで目を大きく見せる為に自分に合ったカラコンの選び方についてご紹介します。

 

 

カラコンの選び方

カラコンの画像

目を大きく見せる「デカ目」カラコンはまずサイズのチェックを行うことが大切です。
カラコンのサイズには直径、着色直径、ベースカーブがあります。

 

カラコンのパッケージには大体「直径」を指す「DIA」が記載されています。
DIAが大きければその分瞳を覆う部分が大きくなります。
カラコンをして目が乾きやすい人はDIAの小さいものを選んで使用するとよいかもしれません。

 

ベースカーブはコンタクトの曲がり具合を示すもので、これは眼科を受診しなければ自分にあった数値を知る事が出来ません。
自分に合っていないベースカーブのものを選ぶと違和感があったり瞳が傷ついてしまうので、必ず自分にあったものを選ぶようにしましょう。

 

デカ目に一番必要なのは着色直径です。着色直径とはレンズの中で色のついている部分を表わしているもので、数値が大きければその分黒目を大きくする事が出来、目を大きく見せる事が出来ます。

 

 

デカ目に見せる黄金比率

着色直径が大きいからと言って良いデカ目になるわけではありません。自分の目の状態に合ったものを選ばなければ、逆に怖く見えてしまう事が考えられます。

 

一般的に日本人の目の割合は白目・黒目・白目で1:1.5:1です。
それをデカ目に見せる黄金比にするには1:2:1にする必要があります。
日本人の黒目の大きさは平均11~12.5mmです。
これは子供でも大人でも一緒です。

 

市販されているカラコンの着色直径は12.6~13.8mmとなっています。
この中で自分の目の比率が1:2:1になるものを選ばなくてはなりません。
そのためまずは自分の目のサイズを測ってみるとよいでしょう。

 

 

目の形に合わせてカラコンを選ぶ

目の大きさに合わせてカラコンを選ぶようにすることも大事です。
切れ長の目の人が大きい着色直径を選ぶと目が大きく見えすぎて怖くなってしまうので、あまり大きくない着色直径を選ぶようにするとよいでしょう。

 

丸い目の人は大きめの着色直径のものを選んぶほうがきれいなデカ目に見えます。
逆に小さいものを選んでしまうとあまり効果が無いかもしれません。

 

カラコンがバレたくない場合

ナチュラルなデカ目の印象を与えたい場合、ふちが細かい網掛けのものやドットのものや黒色で縁取りされているものを選ぶと裸眼のように見せる事が出来ます。
色合いはこげ茶など茶色系など、日本人の素の瞳の色に近いものを選ぶようにしたほうがよいでしょう。

 

TOPへ